【 ブログ 】熱中症について

2018/07/01

 
こんにちは。
船橋 津田沼の【らぽ整体サロン】の小林です。

知らぬ間に梅雨明けし、7月になったばかりなのにこの蒸し暑さ・・・しんどいですよね。

最近、来店されるお客さまの症状で
〇めまい
〇だるさ
〇頭痛
〇ふらつき
〇下半身のむくみ    etc


熱中症に似た症状や脱水症状になりかけている方が
多いようです。

そこで、今日は
 
 
~熱中症について~
 
 
 
熱中症と一言で言っても、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病4つの症状があります。

◎「熱失神」
顔面蒼白、めまい、唇のしびれ、頻脈、呼吸数増加

◎「熱痙攣」
体のあちこちの痛み、痙攣、こむら返り

◎「熱疲労」
皮膚蒼白、高体温、頭痛、吐き気、めまい

◎「熱射病」
皮膚があかくほてる、熱があるのに汗が出ない、嘔吐、意識障害
 
 
~この症状に至るまでに原因について~

水分が足りなくなって血流の流れが悪くなると熱失神
水分ばかりで塩分を摂らないと熱痙攣
水分と塩分が足りないと熱疲労
さらに放置して熱をためこんでしまうと熱射病



夏本番になる暑い今時期に気を付けたい事。
つまり、適切な熱中症対策2つをご紹介。

1)水分と塩分の補給※水分と糖分ではNG!
2)サングラス・日傘・帽子などをかぶり、頭や首に直射日光が当たらないようにする


★おすすめのお塩★
沖縄のぬちまーすは、ミネラルが豊富なお塩。
最近では、携帯用のお塩が売っているので持ち歩きつつ、こまめにペロッと摂取。
 
 
 
 
男性の体水分量が全体の60%
女性の体水分量が全体の55%


人間は、半分以上が水で出来ています。

汗をなめてみると、しょっぱいですよね。
沢山の汗をかいたときは、水&塩を一緒に摂取することでこの夏を乗り切れます。

甘い、ジュースばかり飲んでも水分補給にならないのは、体が必要としているのは水&塩だからなんです。

ではでは、今年の猛暑もみなさんが元気に乗り切れるようサポートしていきます!
『もう、しんどい!』と思ったら、気軽に【らぽ整体サロン】を活用してくださいね♪
 

Menu

千葉県船橋市前原西7-16-15
B101号室

047-405-2291

営業時間
9:00~20:30 (最終19:15)
Web予約 お問合わせ

PAGE TOP